MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

バストアップナビ

女性であれば、誰しも大きいバスト、ハリのあるバストというのに憧れるものです。
バストアップに関する情報や製品については、ダイエットと同じくらい需要が高いといってもいいでしょう。
ただ、バストアップについては、あらゆる女性の体に関することの中では、最も結果が出やすい類かと思われます。

 

 

 

 

 

目次

 

バストアップとは

 

バストアップ

 

 女性であれば、誰しも大きいバスト、ハリのあるバストというのに憧れるものです。
バストアップに関する情報や製品については、ダイエットと同じくらい需要が高いといってもいいでしょう。
ただ、バストアップについては、あらゆる女性の体に関することの中では、最も結果が出やすい類かと思われます。
ダイエットは生活習慣によって、難易度がかなり高くなりますが、バストアップについては、バストを構成しているのがほとんど脂肪になりますので、よほど食欲が低下している状態というわけでなければ、達成するのはたやすい事です。
しかし、ダイエットサプリと同様にバストアップ用のサプリメントも多く市場に出回っておりますし、バストに関する悩みというのは、意外にも多いです。
というのは、バストサイズを正アップさせるのではなく、形が整っていないといけない等、大きさのみならず、形状、ハリがあるかという、まるで顔立ちのように見栄えが良くないといけないというのがあります。
そうなると、バストアップに関する悩みを解決させるのにおいて、かなりハードルが高くなります。
また、男性から見ての女性のバストに対する評価も多様化しており、バストが大きいのが異性から好まれるという説も、今や迷信扱いと言っても過言ではありません。
バストが大きいだけではなく、形が整っている事、人によってはバストの形も好みがありますので、なかなか難しい部分があります。
また、女性の場合、ダイエットに取り組む方も多く、ダイエットも成功して、バストアップも達成させるとなると、両方が矛盾した内容ということもあり、なかなか難しいのが現状です。
このハードルの高さを低くして、バストアップもでき、ダイエットにも成功しやすい状況を出せる方法として、バストアップサプリというものが存在します。
他にも運動でバストアップを図ったり、下着を活用する等、その方法は非常に多様化しており、ある意味では自分のやりやすい方法が選択できるという要素が強いです。

 

女性は何故バストのサイズにこだわるのか

 

バストアップ

 

 バストの大きい女性というのは、女性にとっては憧れでありますし、男性からしても女性の象徴として判断する部分なので、バストというのは、とても重要なパーツといえます。
こういったことから、バストは大きいのが良いという概念が強くなってしまい、周りより自分のバストサイズが小さいと、コンプレックスを感じる方も多いようです。
またバストサイズがただ小さいというだけではなく、バストのボリュームはそこそこあっても、垂れている状態というのも、コンプレックスになりやすいです。
10代や20代であれば、バストサイズがそこそこあれば、ある程度張りを保つこともできますが、歳を取っていくと、筋力の低下や、コラーゲン等の、肌の弾力を保つ組織が減少してしまい、バストが垂れてしまいます。
若い世代であれば、少し筋トレやエクササイズを行うことで、バストアップが図れますが、30代を過ぎるとなかなか難しく、女性ホルモンの分泌を活性化させる為のサプリメントを摂ったりして、バストアップを図る必要が出てきます。
バストサイズや形状を歳を取っても維持できている状態は、実年齢より若く見られやすい要素の一つでもあります。
バストサイズを大きくすることのメリットは、若く見られる、女性らしく見られる、また体のラインにメリハリが付くので、スタイルが良く見られるというのがあります。
ファッションの幅も広がり、より女性らしさが引き出せて、魅力的になります。
そのため、バストアップに女性は必死に取り組んでいくのです。

 

バストアップ効果が得られるまでの期間について

 

バストアップ

 

 バストアップは、効果が得られるまで、多少期間を要します。
ダイエット程ではありませんが、バストアップは女性ホルモンの分泌が大きく関係してくるからです。
女性ホルモンというのは、月経周期によって、その分泌のサイクルが決まってきます。
そのため、生理不順の方はバストアップ効果が出にくい傾向があります。
バストアップに必要なのは、ボリュームを出す為の脂肪、その脂肪の重さによってバストが垂れないようにする為の支え、つまりコラーゲンやエラスチンです。
そして、バストの弾力を出す為にはヒアルロン酸という、保水に優れた成分が必要です。
更に、重力の赴くままバストが垂れないように、体全体で支える為に筋肉が必要です。
バストアップをする為には、脂肪の量を確保する事、乳線を発達させる事、そして筋力アップが必要です。
脂肪はすぐに増えますし、下着の着用を工夫し、バスト周りの脂肪をバストへ流すように下着を着用していけば、やがて形状記憶していきます。
その脂肪をバストの中に留める為に必要な乳線ですが、こちらは女性ホルモンの分泌が大きく影響しますので、最低でも2週間から1カ月ほど必要になります。
女性ホルモンは、月経後から排卵までと、排卵日後から月経までと大きく分泌される種類が異なってきます。
そして、バストアップをさせる為には、排卵日前後が最も効果的となります。
バストアップをする為の取り組みを始めるタイミングによっては、効果が出るまでの期間が大きく異なりますので、注意しましょう。

 

バストの構造について

 

バストアップ

 

 バストは、脂肪と乳線と大胸筋で構成されています。
重力というのが自然界には働いているので、重さのある物は、下へと引き寄せられていきます。
特に、質量や形があるバストというものは重力の赴くまま垂れやすい傾向があります。
そのため、重力に逆らって、バストの形状を維持させる必要が出てきます。
バストの約8割ほどは脂肪で構成されています。
そして、その脂肪の間を縫うように乳線が存在します。
この乳腺を発達させないと、上手く脂肪をバストの中に納めていくことが出来ません。
乳腺はバスト内を網状に存在しており、この網目の間に脂肪が付いている状態になります。
乳腺が発達していないと、網のきめも粗くなる為、脂肪が背中やウエスト、二の腕に流れてしまいます。
そして、この脂肪と乳線を支え、バスト全体を持ち上げて、ハリを出す為に重要なのが大胸筋という筋肉です。
大胸筋は乳腺の奥に存在し、肩から胸にかけて位置します。
大胸筋は鍛えすぎると、バストサイズはアップしますが、バストの脂肪が減少し、ふくらみに乏しくなります。
ただ、アスリートなど、過酷な筋トレを行ったり、プロテイン飲料を常時飲用し、筋肉の強化を図らない限りは、女性においては心配はありません。
バストサイズというのは、バストのふくらみが一番大きい部分の胸囲となりますが、私たちが普段指しているバストサイズというのは、アンダーバストとバストのふくらみが一番大きい部分との差、つまりカップになります。
カップが大きければバストサイズが大きいといえ、ただ、胸囲が大きいだけではバストが大きいとは言えないのです。

 

バストアップの際に注意すべき点とは

 

バストアップ

 

 バストアップをする際に、気をつけておかなければならない事といえば、まずダイエット中はバストアップがしにくいという事を念頭に置く必要があります。
女性においては、年中ダイエットに取り組んでいる方も少なくありません。
ダイエットは体の脂肪を減らす為の取り組みであり、バストアップはバスト限定ですが、脂肪を増やす取り組みになりますので、矛盾している事になります。
ダイエットをしながらバストアップを図る場合は、下手にサプリメントを取り入れるとダイエット効果が出ませんし、ただ運動をしたり、食事制限をすると、今度はバストサイズがますます減少してしまいます。
そこで、ダイエット中のバストアップについては、補正下着を活用すると良いです。
補正下着でバスト周辺の脂肪をバストのカップ内に流すようにマッサージをして、着用するようにします。
徐々に形状記憶されていき、バストアップができて、背中やウエスト、二の腕がすっきりしてきます。
また、脂肪を動かしていくように働きかける為、体を冷やさないようにする工夫が必要です。
体が冷えておれば、脂肪が柔らかくならず、補正下着を着用する際も、脂肪がなかなか移動しませんので、バストアップ効果が出にくくなります。
あと、バストアップサプリでバストアップを図る方が多いですが、これは女性ホルモンと類似した働きを持つものが多く、飲用のタイミングを誤ると、効果が半減したり、また、女性ホルモン自体の分泌に影響を及ぼす可能性もありますので、使用上の注意をよく読んでから取り入れるようにしましょう。

 

現在注目を浴びているバストアップ方法とは

 

バストアップ

 

 バストアップの方法は、以前からも紹介されておりましたが、現在はややその方法についても変わりつつあります。
以前においては、バストアップの為のエクササイズと、バストアップができるホームエステ機器が目立っていました。
エクササイズというのは、手をバストの前で合掌するように合わせて左右に動かすといった、大胸筋に働きかけるエクササイズがよく紹介されていました。
あとは食生活においては乳製品を取り入れるといったところです。
あとバストアップできるホームエステ機器というのは、バッドのような形状をしていて、バストに当てて振動によるマッサージをするタイプのものです。
胸をマッサージする等、刺激を与えてあげる事で、乳線を発達させ、バストアップさせることができるというものです。
その効果のほどは賛否両論ですが、マッサージするという事はあながちバストアップ方法としては間違っていないかと思います。
そして、今、多くの方が取り組んでいるバストアップ方法というのが、やはりバストアップサプリメントを取り入れての方法になります。
飲むだけでバストアップが図れるという手軽さが人気のようです。
ただ、バストアップサプリメントは、定量をきちんと守らないと、副作用が出る事もあるので、飲用の際は定量をきちんと守るようにしましょう。
また、生理不順や更年期障害等、女性特有の疾患を持っている方は婦人科にかかっている人は、事前に医師に相談の上で取り入れるようにしましょう。

 

気になるバストアップサプリの効能について

 

バストアップ

 

 現在、最もバストアップ方法で人気が高いとされているバストアップサプリメントですが、これは飲むだけでバストアップができるという、簡単手軽なバストアップ方法ということで利用者が多いようです。
もちろん、簡単手軽というだけあり、飲用の際には注意をするべき点もあります。
その注意点というのが、まずバストアップサプリは、女性ホルモンと類似した働きを持つものが多いという事です。
バストアップは女性ホルモンの働きによって影響されます。
理由は、女性ホルモンの分泌が活発になると、妊娠しやすい、赤ちゃんが安心安全に育ちやすい体が作られていきます。
そのため、乳線が発達し、皮下脂肪が付きやすくなり、ふくよかな体型となっていきます。
普段の食事を見直していかないと、バストアップするだけではなく、体全体の脂肪が増えますので、注意が必要です。
そして、バストアップサプリには、女性ホルモンと類似した成分が入っているということもあり、飲用することにより、女性ホルモンの働き自体は活発になりますが、本物の女性ホルモン自体の分泌量が減少していく可能性があります。
これはバストアップサプリメントにより、女性ホルモンと類似したものが補給され、体自体が女性ホルモンが十分に足りているからと、本物の女性ホルモンの分泌量を減少させていくのです。
この状態が続くと、サプリメントの飲用を止めた時に、女性ホルモンの分泌量が極端に少なくなり、体に不調をきたすリスクも懸念されているのです。

 

下着を使って形状記憶をさせる

 

バストアップ

 

 最も低リスクで楽にバストアップができる方法というのは、形状記憶効果が高い補正下着や矯正下着の着用になります。
これらの下着代はかなり高額なものもありますが、中には骨格矯正の為に作られた下着もあり、こちらはストレスフリーで、かつ骨格の歪みを解消してくれて、脂肪の付き方も徐々に改善されていくという効能が期待されます。
しかも1着1万円もしない物が多く、かなりリーズナブルな価格といえます。
通常の補正下着といえば、10万円以上するのが当たり前ですので、かなりお得といえます。
同時に女性ホル毎日の下着の着用方法を少し工夫するだけでよく、バストアップサプリメント程の効果には乏しいものの、モンの分泌に影響を及ぼすというリスクもありませんので、安心安全にバストアップができるといえます。
また、バストアップサプリは月々5千円から1万円程のコストがかかりますが、10万円の補正下着を購入した場合と比べると、1年後には補正下着代以上の費用がバストアップサプリ代として消費されているわけですので、下着でバストアップを図った方が、コストパフォーマンスとしては優れているかと思います。
ただ、補正下着は体を圧迫させるものが多い為、寝る前は、必ず脱ぐようにします。寝る時はできれば下着は着用せず、着用するとしても、体を圧迫しないタイプのものを選ぶようにします。
血行が悪くなると、冷え性になり、バスト周辺の脂肪がスムーズに移動せず、形状記憶が出来にくくなるからです。

 

バストアップサプリを活用する

 

バストアップ

 

 バストアップ効果をより出していきたいというのであれば、バストアップサプリも一つの手かと思います。
ただ、バストアップサプリメントは、女性ホルモンの分泌を促す成分も割と含まれておりますので、バストのボリュームが乏しくて、二の腕や背中などのぜい肉が気になる方は、下着の着用方法を工夫した方が無難です。
女性ホルモンの分泌が活発になると、皮下脂肪やバストに脂肪が付きやすくなります。
そのため、いわゆる貧乳というような、全体的に痩せている方で、体脂肪も少ない方が適しているといえます。
体の脂肪量が少ないと、いくらバストのサイズをアップさせたくても、できないからです。
バストアップサプリは飲むタイミングにもよりますが、早い方で2週間から3週間ほどでサイズに変化が生じるようです。
コスト面では月々5千円位から1万円位が相場になります。また、バストアップサプリのメリットとして、生理不順が改善されたり、更年期障害、PMSの症状が和らぐという方もおります。
女性ホルモンの分泌に影響を及ぼす為、反対にこれらの症状が悪化する場合もありますので、飲用する際は、注意事項をよく確認の上、試していくようにしましょう。
定量はきちんと守り、飲みすぎないようにします。
ちなみに、バストアップサプリは、排卵前後に飲用するのが最も効果が出やすいといわれています。
排卵前後というのは、妊娠しやすい状態に体が出来上がっていく事から、乳線が発達しやすいというのが理由であります。

 

筋トレで健康的にバストアップをさせていく

 

バストアップ

 

 バストのボリュームはそこそこあるけれど、垂れて困っているという方は、バストを筋肉が十分に支え切れていない事が原因といえます。
そこで、このようなタイプの方は、筋トレをして大胸筋を鍛えていくようにします。
バストを支え切れていない状態というのは、それだけ疲労も出やすいですし、肩こりや、頭痛を引き起こす元にもなります。
筋肉を鍛えていくことで、それだけバストを持ちあげていくことが出来ますので、これらの症状も和らいでいきます。
バストを支える筋肉を鍛えることで、バストの垂れが解消されていき、より持ち上がる為、1カップも2カップもサイズがアップします。
また、筋肉を発達させることで、基礎代謝量が高くなりますので、痩せやすい体作りにもなります。
筋トレは大変そうに感じますが、最もコストが抑えられて、しかも、あまり時間をかけずに済みます。
筋トレは毎日行うと、筋肉の疲労が解消しにくくなり、かえって逆効果となりますので、2日から3日に1回のペースで行っていくようにします。
また、筋肉痛が生じるくらいの筋トレもよくありません。
筋肉痛を引き起こさない程度にエクササイズを行うようにします。
筋肉痛を引き起こさないエクササイズ方法というのは、例えばダンベルを使って行う場合、ゆっくりと胸の筋肉で引き上げていくように持ちあげていきます。
スピードが早いと筋肉痛になりやすいですので、ゆっくりと引き上げて、ゆっくりと腕を下ろしていくという事を心掛けていきましょう。

 

ホームエステ機器を活用する

 

バストアップ

 

 現在、ホースエステ機器もかなり種類が豊富となっており、より安くて性能が良いものも沢山発売されています。
バストアップ用のホームエステ機器といえば、マッサージをして乳線に働きかけたり、血行を良くしたりして、バストサイズをアップさせるようにします。
金額も2万前後ぐらいで発売されており、割とホームエステ機器の中では、リーズナブルといえます。
毎日十数分程度、マッサージするだけでバストアップ効果が出るとされていますが、これと併用して、バストアップサプリを取り入れると、更にバストアップ効果が出やすくなります。
手でマッサージをするというのも良いですが、ホームエステ機器を使用すると、バストに機器をセットするだけでマッサージをしてくれますので、手が空き、本を読みながら等、何かをしながらマッサージができるので、とても楽です。
マッサージ機も振動を与えるタイプや、超音波を与えるタイプのものがあります。
中にはEMSという微弱電流を使用したものもありますが、超音波や微弱電流などは、心臓に何か疾患を持っている方、妊娠をしている可能性がある方は極力控えるようにしましょう。
何らかのリスクが生じても取り返しがつかないからです。
ホームエステ機器で使用されるものは、かなり威力を弱めており、安全に使用できるようにはなっておりますが、100%大丈夫とは断言できませんので、無難に振動するタイプのマッサージ機を使用するようにしましょう。

 

食生活に工夫を凝らす

 

バストアップ

 

 食生活の見直しというのは、ダイエット、健康増進、そしてバストアップにも非常に重要な要素となります。
人間の体というのは、食事をする事によって、栄養分やエネルギーを取り入れ、これらが体の組織をつくり上げていき、生命を維持しているのです。
もちろん、食事内容によってバストアップ効果も十分に期待できます。
バストアップを目的とした食事ですが、たんぱく質は多めに摂るようにするのが大前提です。
特に大豆や乳製品はお勧めの食品です。
たんぱく質は、筋肉の繊維であったり、コラーゲンやエラスチン等の繊維質、そして粘膜や皮膚をつくり上げていきます。
もちろん血液等もたんぱく質が主成分になります。
そしてたんぱく質を体内でより活用していくために、ビタミンやミネラルを合わせて摂る必要があります。
たんぱく質は乳製品と大豆の様な植物系たんぱく質を摂ると良いです。
肉などの動物性たんぱく質が本来は良いのですが、調理方法や肉の部位によっては脂肪分が多く、コレステロール値が高くなり、生活習慣病になりやすいからです。
肉で摂るとなると、ささみやビタミンB群が多い豚肉などです。
ひれ肉などがカロリーも少なめでいいのですが、コストが高い為、もも肉で脂肪分を除去したものが無難です。
動物性たんぱく質は、摂りすぎる傾向が強い為、程々にしておき、ヨーグルトなどの乳製品で補うようにします。
カルシウムや鉄分も豊富なので、ヨーグルトはぜひ取り入れてみたらいいかと思います。

 

マッサージでバストアップを図る

 

バストアップ

 

 バストアップをするのにマッサージが良いというのは、迷信だと思う方もおりますが、マッサージというのは、乳腺を発達させる為に効果的と言われています。
また、血行を良くする為にも効果的なので、よりバストにハリが出てきます。
それだけではなく、バストをマッサージすることで、乳がんの予防にも良いといわれています。
バストのマッサージは乳がんの自己診断にもなり、意外にも乳がんが発覚したきっかけで、マッサージや触診などの自己診断によるものが多いのです。
またバスト部分というのは、普段下着や衣類で圧迫されており、血行が悪くなりやすいところでもあります。
その上、誤った下着の着用方法によって、バストの脂肪分が背中やわき、二の腕に流れてしまう上、血行が悪くなり、脂肪が背中などに定着しやすくなります。
また、血行が悪い状態というのは、冷え性を引き起こしたりする要因となりますし、下着などによる締め付けで乳がんのリスクが高くなるとも言われています。
特にバストアップを目指さなくても、マッサージをするのは良い事です。
血行が良くなる事から、脂肪が柔らかくなります。
脂肪が柔らかくなると、より周囲の背中、二の腕までに流れてしまった脂肪までもが徐々に柔らかくなっていきます。
この状態で下着の着用方法を工夫することにより、形状記憶しやすくなります。
併せて乳線が発達していくため、よりボリュームアップしますし、冷え性や乳がん予防になるなど、マッサージはメリットがかなり多いといえます。

 

女性ホルモンの分泌に関わるイソフラボン

 

バストアップ

 

 バストアップに効果的な成分といえば、やはりイソフラボンは必ず名前が上がります。
実際にバストアップサプリにも多く使用されています。
理由は、イソフラボンというのは女性ホルモンと同じような働きを持つからです。
女性ホルモンの一種でエストロゲンというものがあります。
このエストロゲンは乳線を発達させる為に必要な女性ホルモンであり、排卵前後あたりに分泌量が増えていきます。
イソフラボンを取り入れる事により、エストロゲンと類似した働きを行いますので、乳線が発達しやすくなります。
また、イソフラボンを多く含む大豆製品は、美容にも効果的ですし、レシチンという、脳を活性化させる成分も含まれています。
大豆はたんぱく質の一種ですが、たんぱく質というのは、たんぱく質を構成しているアミノ酸の種類がどれだけ、またどのような種類のアミノ酸が含まれているかという一覧表というものがあります。
これをアミノ酸スコアと称しますが、大豆はアミノ酸スコアの数値が非常によく、必須アミノ酸がバランス良く含まれている食品となっております。
大豆製品は豆腐や厚揚げ、更には納豆、豆乳など、種類が豊富な上、安く手に入れられる食品ですので、普段の食事メニューにも取り入れやすいですので、ぜひ取り入れてみたらいいと思います。
ただ一点注意しなければならないのは、サプリメントでイソフラボンを取り入れている方は、過剰摂取に陥る可能性が高く、その場合は本来の女性ホルモンの分泌量を低下させてしまう為、注意しましょう。

 

バストアップサプリで多く使用されているプエラリア

 

バストアップ

 

 現在、バストアップが手軽にできるツールとして、バストアップサプリメントが注目されています。
バストアップサプリメントは、名前の通り、バストアップ効果が期待される成分を濃縮して錠剤やカプセル状にしています。
このバストアップサプリメントでよく使われるのがプエラリアという植物です。
プエラリアは日本国内では自然に生息しておらず、タイなど、東南アジアで生息しています。
そのため、日本国内で売られているものは輸入品という事になります。
このプエラリアですが、イソフラボン同様に女性ホルモンと似たような働きを持つ成分が含まれています。
この類のバストアップサプリメントは生理後から排卵前後まで飲用する物が多いです。
エストロゲンの分泌に働きかけてくれる為、この時期に飲用した方が効果的なのです。
ちなみに、全く異なる他の植物でプエラリアと同じような形状のものがあり、その採取に熟練している方達でも本物のプエラリアとそうではないものとの見分けが困難と言われています。
そのため、輸入品のプエラリア入りのバストアップサプリの中には、プエラリアと思って採取した別の植物のエキスが含まれている事も稀にあり、中には毒性を持ったものもあります。
そのため、プエラリア入りのバストアップサプリを購入する際は、品質を確認してから購入するようにします。
正規の輸入ルートでプエラリアを入手している店舗の場合は、必ずその証明書が提示されているはずです。

 

プエラリアと同じくサプリメントで使用されるブラックコホシュ

 

バストアップ

 

 バストアップサプリメントでよく使用される原材料として、ブラックコホシュというものがあります。
このブラックコホシュも、プエラリアと同じように、日本国内では自然に生息しておりません。
ハーブの一種であり、ハーブティーとして使用される事も多いです。
このブラックコホシュに含まれる成分ですが、大豆同様にイソフラボンであり、女性ホルモンの分泌を促進してくれる作用があるといわれています。
バストアップサプリは、女性ホルモンという、妊娠あるいは分娩、授乳を促す働きを持ち、バストに対しては乳線を発達させる作用もあります。
ただ、このブラックコホシュという植物は、赤ちゃんが誕生して授乳期に入る段階において、乳線をさらに発達させる働きがあるということで、バストアップサプリに使われますが、妊娠中の飲用は良くないといわれています。
分娩を働きかける作用があるということで、早産を引き起こしかねないからです。
バストアップサプリは、現在多く出回っているサプリメントの中でも、特に体の機能に影響を及ぼしやすいといわれ、女性特有の症状を抑える事もあれば、反対に悪化させるリスクもあります。
ブラックコホシュが含まれたバストアップサプリは、その他にコレステロールの減少、骨粗鬆症の予防として効果があるとされていますが、輸入品となる為、日本の薬事法に適さない製品も中にはあります。
よく成分等を確認の上、どの製品が安全安心して飲用できるか情報収集して購入するようにしましょう。

 

バストのハリを維持する為に欠かせないコラーゲンとエラスチン

 

バストアップ

 

 エラスチンというのは、コラーゲン同様に肌の弾力を保つために必要不可欠な成分となります。
加齢と共にこのエラスチンは減少していき、シワや生じやすくなります。
主に真皮に存在します。
エラスチンとコラーゲンは真皮の中でお互い網目状に結合しており、いずれかが不足していても、上手く張りを保つことが出来ません。エラスチンは活性酸素、紫外線に弱い性質を持っています。
非常に伸縮性があり、コラーゲンを支える働きを持っています。
バストアップサプリには、このようにハリを与える成分も豊富に含まれています。
バストアップさせるには、ボリュームを出す為に乳線を発達させ、適度に脂肪の量を増やす必要があります。
そして、これらを支える為の組織が必要であり、これがコラーゲンやエラスチンとなる訳です。
そして、これだけでは不十分であり、保水力を持ち、より弾力性、柔軟性を高める為のヒアルロン酸が必要という事になります。
このヒアルロン酸もそうですが、コラーゲン、エラスチンは高級化粧品に多く含まれています。
したがって、価格的には決して安いとは言えません。
ただ、バストアップサプリメントの場合、これらの3つの成分が含まれている化粧品よりは安いものが多い為、バストアップのみならず、美肌を目指したい場合においては、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分を含んだバストアップサプリを飲用していくと良いです。
バストアップを目指したいのでなければ、定量より少なめの量を飲用していくといいです。

 

バストのボリュームを増やすのに必要なヒアルロン酸

 

バストアップ

 

 ヒアルロン酸というのは、コラーゲンやエラスチンと同じように、肌の弾力を保つために必要不可欠な成分となっています。
ヒアルロン酸は非常に保湿力に富んでおり、その保水力はヒアルロン酸の質量の数倍以上となります。
このヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンといった、真皮部分に存在する繊維質に密着しています。
加齢と共に、コラーゲンやエラスチンなどの繊維質の量が減り、皮膚がたるみやすくなります。
これらは網状に存在し、それぞれの成分が手を取り合って繋がっている状態であります。
この繋がりが弱まってきて、たるんでくるわけですが、同時にヒアルロン酸の量も減り、保水力も低下します。
そのため、たるみだけではなく、シワができてきます。ヒアルロン酸やコラーゲン等は主に化粧品から補給することが多いのですが、本当は食品として取り込んだ方が、より補充されやすいです。
化粧品等、皮膚から吸収するものについては、体が異物と認識したら、真皮から奥に入り込みません。
その点、食事として取り込むと、消化され、アミノ酸などに分解されて、適材適所に成分が運ばれていくのです。
良くコラーゲンのサプリを見かけますが、コラーゲンを取り入れたとしても、必ずしも体内でコラーゲンとして働くとは限りません。
これは一旦アミノ酸に分解されるからです。
また、コラーゲンだけでは機能せず、エラスチンやヒアルロン酸も同じように摂ります。ヒアルロン酸は、魚類を取ると良いとされています。

 

意外に重要なビタミン類

 

バストアップ

 

 バストアップサプリには、プエラリア、ブラックコホシュ、大豆を原材料として使われているものが多いです。
そしてこれらには、イソフラボンをはじめ、女性ホルモンの分泌を促進させる成分や類似した成分が大量に含まれており、乳線を発達させて、バストアップ効果を出すというのが目的となっています。
ただ、これらの成分だけでは体の中ではうまく機能しません。栄養素というのはどのようなものであっても、酵素をはじめ、他の栄養素と一緒に取り入れていくことで、はじめて体の中で本来の働きを行うのです。
また、他の栄養素においても、また別の栄養素を一緒に摂っていかないと、体の中で機能しません。
そうなるとバランスの良い食事が良いという結論に達します。
これは、バストアップだけではなく、ダイエットや健康増進、美肌を作る為の食生活を心掛けていく際も同じです。
栄養素の中で、より多くの栄養素の働きを助けてくれるものとして、ビタミンが挙げられます。
例えば、肌のハリを維持する為に必要なコラーゲンですが、これはたんぱく質に含まれていますが、ビタミンCと一緒に摂る事で、より体の中で機能しやすくなります。
また、ビタミンCは鉄の吸収も助けてくれます。
そして鉄分は、血液の中に存在する赤血球の生成に必要であり、この赤血球は血液内で栄養分や酸素を運ぶ役割を持ちますので、鉄分が足りないと必要な栄養分を各所に送り込む事が出来ません。
そうなると、バストアップに必要な栄養分が十分に運ばれないという事に繋がっていく訳です。

 

ダイエットと併用してバストアップに取り組む場合について

 

バストアップ

 

 バストアップをダイエットと同時に取り組む場合は、かなりハードルが高くなります。
バストアップは、バストのボリュームを増やすことで、ダイエットは、バスト以外のボリュームを減らす取り組みで、全く正反対だからです。
ダイエットの方法によっては、バストサイズが今以上に減少するリスクが高まります。
また、人間の体というのは、部分痩せというのが出来ない仕組みとなっており、例えば太ももやウエストのサイズをダウンさせたい場合は、これらの部分だけではなく、他の部位に付いている脂肪も一緒に減少します。
脂肪が付きやすい場所、着きにくい場所というのはありますが、皮下脂肪や内臓脂肪の厚みが異なるだけであり、そもそも脂肪というのは、一つの組織として体の中で繋がっているわけです。
そこで、ダイエットとバストアップ両方を達成したい場合は、まず下着の付け方から見直した方がいいです。
ウエストや背中、脇のぜい肉をバストに向けて流していき、カップに収まるように着用します。
できれば、形状記憶させやすい補正下着、矯正下着を使用すると、より効果的です。
また、これらの補正下着を着用することで、背筋が伸びて、より脂肪が背中に付きにくくなります。
正しい下着の付け方をマスターするだけで、ウエストや背中のぜい肉は、少なくとも今よりは減っていきます。
ちなみに、太もものぜい肉はヒップに流すようにガードルのヒップの部分に納めていくようにします。
これで太もものサイズも徐々に減少していきます。

 

太りにくい体質で体脂肪率もかなり低い場合のバストアップ法

 

バストアップ

 

 バストアップで最も効果が出にくいケースというのが、太りにくい方です。
胃下垂の方は、食べたものが栄養として取り込む量が少ない為、食べる量が多い割には、一向に体重が増えません。
ただ、こういった痩せているタイプというのは、筋肉の量も少ない傾向にあり、運動をしていくことで、カロリーを体が取りこむようになりますので、太りやすくはなります。
あまり太りやすくなると、収集が付かなくなりますので、適度に運動をしながら、食欲は大豆などの植物系たんぱく質をメインで摂っていくと良いです。
あるいは、バストアップサプリメントを取り入れることで、よりバストサイズがアップしやすくなります。
もし、予算に余裕があれば、補正下着でボディメイキングをしていくと良いです。
一旦ぜい肉として付いてからでは、体型を修正するのに難しい為、肉付きが良くなる前から、正しい下着の付け方を知っておき、実践していくと、バストやヒップなど、ボリュームが必要なところに肉が付き、ウエストや太ももなど、ぜい肉をつける必要が無い部分は、すっきりとしたラインを維持していけます。
バストアップサプリは、太りにくい体質の方には最も適した手段であり、乳線を発達させる為の女性ホルモンの分泌を助ける成分が豊富に含まれているので、おすすめです。
もちろん、定量はきちんと守って飲用していくようにしましょう。
後は適度に運動やエクササイズに取り組んでいくことで、筋力が付き、バストのハリが保てるようになります。

 

体の凹凸に乏しい方のバストアップ方法について

 

バストアップ

 

 日本人というのは西洋人に比べると、体の凹凸が乏しい体型になります。
昔は普段着が着物でしたので、凹凸のある体型というよりは、寸胴ともいわれる凹凸に乏しい体型の方が適していたのですが、現在はほとんどが洋服ですので、凹凸に乏しい体型だと、見た目が貧弱、あるいは垢ぬけない印象を与えてしまいます。
そのため、より自分の体型が気になってしまいます。
食生活も変化し、欧米化に伴い、体型も西洋人並みの体型になりつつあります。
この体型に関してですが、ダイエットをする訳にも行かず、下手にバストアップサプリを試すと、より太りやすくなる為、凹凸を下着でつけるようにします。
もちろん、バストにパットを入れてボリュームアップさせたり、ウエストや背中は締めつけるという方法ではありません。
本来、バストの肉は、自分たちが思っているより多いのですが、下着の着用方法や、普段着ている服装、姿勢によって、背中やウエスト、二の腕や脇部分に流れてしまっているのです。
同様にヒップの脂肪は、重力に従い、太ももへ流れてしまっている状態です。これを阻止する為に、下着を着用する際に、カップに収めてあげるように、背中や腕のぜい肉をかきこむようにします。
これを毎日続けていくことで、体型に変化が生じます。
ブラジャーのカップやガードルのヒップを収めるカップは、プリンの型と思っていただいたら分かりやすいです。
そして脂肪は流動性が多少ある為、型に収めていくことで、形状記憶させていくことができるのです。

 

加齢によってバストが垂れつつある場合の対処法について

 

バストアップ

 

 誰しも歳を取っていくと、体力も低下し、活動量も減り、そして代謝機能も低下します。
また、体に含まれる水分の量も減ります。
そのためか、皮膚もたるみやすくなり、より脂肪が付きやすくなります。
皮膚がたるんでくると、肌の弾力を保つためのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの量が減少している為、重力に忠実に従って、下へ下へと垂れていきます。
脂肪も上半身よりは下半身に付きやすくなります。
もちろんバストも同じく、20代のころに比べると垂れてきます。
これを何とかしたいわけですが、方法としては、下着の付け方の工夫と、適度な運動を心掛ける事です。
活動量が無意識的に減っていきますので、20代と同じ体型を維持するのであれば、普段の生活に何かプラスになる事をしなければなりません。
ただ、体に無理がかかるような方法は、かえって疲れが出やすくなり逆効果ですので、2〜3日に1回でもいいですので、筋トレから取り組んでいくと良いです。
筋トレをすることで、筋力が上がります。
筋力が上がるという事は、筋肉の量が増えていきます。
筋肉の量が増えると、消費するカロリーの量が増えてきます。
これは同じライフスタイルを送っていても、同じ活動量であっても、カロリーの減り方が違ってきます。
筋肉量が多い方の方がよりカロリーを消費しやすいです。
あとは、たるんだ肌を矯正させる為の下着の茶経の工夫と、良質のたんぱく質を摂り、少しでもコラーゲンの量を失わないようにしていくと良いでしょう。

 

猫背など姿勢や骨格の歪みが生じている場合について

 

バストアップ

 

 バストサイズが小さい方ですが、ある共通点を持っている傾向があります。
全員とは言えませんが、過半数の方はおそらく当てはまるのではないでしょうか。
それが、姿勢です。
あるいは骨格が歪んでいるということが当てはまります。
猫背の場合、体が前屈している事により、背中より胴体の面積が狭まってしまいます。
常時このような姿勢を取っていると、脂肪が背中に付きやすくなります。
バスト自体も押しつけられている状態ですので、バストのボリュームを上げたくても上げられない訳です。
バストアップをしたいという方は、一番最初に自分の姿勢を見てみると良いです。
できれば等身大の鏡があると全身を見渡せますので、より良い姿勢を保つための習慣づけがしやすくなります。
モデルなど、美しい体型、姿勢を維持していかなければならない方は、壁に何枚ものの鏡を設置していたり、ビデオカメラを屋内の動線に設置し、モニターで自分の立ち姿、歩き姿がチェックできるようにしている等、徹底した方法を取っている方も多いです。
鏡を何枚も貼るとまでは行かなくても、等身大のスタンドミラーを1つ設置することで、かなり違います。
そして、外出先ではショーウインドウの鏡を見る、また家電量販店ではビデオカメラが設置されており、自分が店舗内に入ってくる時の姿勢が映し出されたりしているので、意識してみるというのも良いでしょう。
また、骨格の歪みを徹底的に直したいのであれば、骨格矯正というのも有効手段となります。

 

生理不順や更年期障害など女性特有の悩みを持っている方の対処法とは

 

バストアップ

 

 バストアップサプリメントは、ホルモンの分泌を促進させる働きを持つものも多いです。
現在注目されている女性ホルモンサプリメントというのは、女性特有の悩みを解消する効果が期待できる成分を豊富に含んだ製品ですが、バストアップサプリも同じような成分を含む為、女性ホルモンサプリメントと同類扱いされる事が多いです。
生理不順、更年期障害、PMSなどの症状を持っている方は、これらのサプリメントを飲用することで、改善する場合もあります。
ただ実際に女性ホルモンがどのように、どれだけ分泌されているのかは定かではなく、サプリメントを飲用することで、どういった影響を及ぼすか予測が付かないというのがあります。
幸いにもこれらの症状が治まる事もあれば、悪化することもあり得るのです。
バストアップをしたい方で、サプリメントを取り入れたい方は、使用上の注意をよく読み、飲むタイミングをしっかり確認した上で、少量から始めていきます。
定量でも副作用がなるべく出ないようには作られていますし、サプリメントですので、元々の成分は普段の食品にも含まれている栄養分なので、心配には及ばないと思いますが、念のため、少量から始めていきます。
というのは、中には化学的に作られた成分もありますし、プエラリアやブラックコホシュといった、海外からの輸入品については、薬事法の関係もありますので、どのような影響を及ぼすか分からないからです。
自分の体調を見ながら徐々に定量まで増やしていくようにしましょう。

 

おしゃれの幅が広がる

 

バストアップ

 

 バストアップするだけで、見た目体型は十分に変わってきます。
これは他の足や腕、ウエストのサイズが変わらなくても、バストアップするだけで、ボディラインが変わりますので、別人に見えるといっても良いでしょう。体のシルエットが綺麗に、より女性らしく見える為、ファッションの幅も広がるというものです。
胸にアクセントをつけたデザインの服装というのは、バストサイズが大きすぎてコンプレックスを感じている人だけではなく、バストサイズが小さすぎて困っている方にとっても、バストサイズを上手くカモフラージュすることができるのが嬉しいところですが、年代によっては、このような服装をすると、違和感が出てしまう方もおります。
結局、胸元にアクセントをつけすぎない服装にした場合ですが、体のラインが正直に出ますので、バストサイズが大きすぎると、それを強調させてしまいますし、バストサイズが小さすぎると、これもより胸元が貧相に見えてしまうのです。
例えばシンプルな単色系のワンピースや、Tシャツなどは、こういった、体型をありのままに出してしまいます。
こういった服装はできれば避けたいのですが、冠婚葬祭や仕事先の制服によっては避けることができません。
バストアップをすることで、このような衣装を堂々と着る事も出来ますし、バストサイズが大きすぎる人においては、筋トレをすることで、ほどほどのサイズに収まり、より張りのあるバストに変化させることができるのです。

 

自分に自信が持てる

 

バストアップ

 

 貧乳という言葉があるように、バストサイズが小さい人というのは、やはりコンプレックスを持った方が多いです。
男性にしても、女性の体を見る際に、やはり胸に目が向いてしまうものです。
実際、男性から見ると、胸が大きさよりは、形を重視する方が多いようです。
大きすぎても嫌という人はいるようです。
また、バストが大きくても、乳首や乳輪が大きすぎるのは苦手という人もかなり多いです。
胸の大きさは改善の余地がありますが、乳首や乳輪となると、外科的療法以外では改善方法がないので、どちらかといえば、こちらの方が深刻といえるでしょう。
しかしながら、バストが大きいというのは、女性にとっては憧れであり、色々なバストアップ方法を試していく事によって、より自信が持てるようになるのです。
バストが大きい人に憧れる人が多いから、バストアップサプリやバストアップをする為のホームエステ機器が多く売れているのです。
男性から見たら、好きになった人のバストの大きさ等は、あまりこだわっていないのですが、女性は男性は胸が大きい方がいいという思い込みが強く、様々なバストアップ方法を探して、より効果のある方法を模索していくのです。
バストが大きくなるだけで、自信が持てるようになるのであれば、それだけ立ち居振る舞いも堂々としていきますし、より魅力的な女性になっていくので、そういった意味では男性にとっても嬉しいことではないかと思います。
やはり自分の気持ちがどうであるかというのが、何においても重要なのです。

 

スタイルが良く見える

 

バストアップ

 

 スタイルが良い女性というのは、ただ痩せているだけではなく、出るところは出て、引っこんでいるところは引っこんでいるという、メリハリのある体型です。
出るところといえばバストやヒップであり、引っこんでいるところはウエスト、太ももになります。
ウエストや太ももを細くするというのは意外に難しいのですが、バストアップさせる事自体はダイエットするよりは簡単といえます。
バストアップサプリでバストアップを図ったり、矯正下着などで背中やウエスト、わきのぜい肉をバストに流すように着用して、形状記憶させていくなどで簡単にバストアップは出来ます。
バストの脂肪を増やすことと、そのバストを支える筋肉を鍛えるだけなので、食事制限をしたり、運動を習慣づけるダイエットに比べると、短期間で効果が出ます。
そして、バストアップをすることで、他の部分のサイズが変わらなくても、ボディラインにメリハリが出てきますので、スタイル美人に見えます。
そのため、バストアップというのはダイエットとは違った方法で、スタイル美人になれる方法といえます。
ダイエットは方法を誤ると過食症と拒食症を繰り返したり、リバウンドしたり、非常にリスクが高いといえます。
また、男性から見て魅力的な体型というのは、スレンダーな体型ではなく、ある程度肉付きが良い体型なのです。
いわゆる標準体型という程度であれば、ダイエットより、バストアップする方に力を入れた方が良いかと思います。

 

異性から注目されやすくなる

 

バストアップ

 

 バストアップをしたいという大きな理由といえば、やはり異性から注目されたいというのが、多くの女性の心の中にあるかと思います。
しかしながら、本当は男性からしたら、胸の大きさより形を重視したり、また、人によってバストの大きさや形の好みというものがあり、顔立ちと一緒であります。
誰が見ても美人なのに、必ずしもモテるとは限らないのと一緒です。
それでもバストという部分は、女性の象徴であり、女性らしさが最もアピールされる部位でもありますので、視線が集まりやすいといえます。
モテるモテない関係は無く、男性が真っ先に視線を向けるのが胸と言っても良いです。
バストが大きい人は注目はされやすい為、それが女性にとっては、バストが大きい女性は男性からモテる、注目されると思い込んでいる面もあるかと思います。
バストアップすることで、確かに異性からは注目はされやすくなります。
しかし、ただバストが大きいというだけで注目されるのも、その人自身の人柄など、他の面はどうなのかという疑問も出てきます。
バストアップで異性の視線を集めるというのも良いかもしれませんが、最終的にはその人の人柄、立ち居振る舞いやしぐさ、言動が重要になりますので、異性にモテたい、という目的でバストアップを目指す方、あるいは胸が小さいことでコンプレックスを持っている方は、バストアップだけではなく、内面を磨くというブラッシュアップも一緒に取り組んでいきたいものです。

 

立ち姿が綺麗に見える

 

バストアップ

 

 バストアップすることで、メリハリのあるボディになりますので、姿勢が良く見えますし、スタイルも抜群によく見えます。
また、バストアップに取り組んでいくことで、自然に姿勢も矯正されていきます。
これは、補正下着や筋トレでバストアップを図る方法限定とはなりますが、まず補正下着の場合、体の脂肪の位置を矯正して、形状を記憶させる為、姿勢がどうしても良くなってきます。
ワイヤーなどが入っているものもあるので、だらけた姿勢ができず、嫌でも体に力が入るのです。
また、補正下着というのは、着用時は必ず上半身を前に倒してから行います。
バストを含め、背中や脇などのぜい肉を上半身を倒した方向に向かって垂らす状態で、ブラジャー、あるいはボディスーツのホックを留めます。
ホックを止めたら、そのままの姿勢で、背中や脇、二の腕の垂れさがっている脂肪をブラジャーのカップに引き込むように収めていきます。そして、脂肪が元の位置に戻らないように、カップ周辺にはワイヤーや繊維を二重にも三重にも施しており、脂肪の流れをせき止めるようになっています。
また、背中やウエストは、ワイヤーや補正下着で締め付けられている状態なので、かなり窮屈になります。
背中のぜい肉がバストに押し出される形となり、背中の筋肉や背骨が前に引っ張られ、綺麗な姿勢を保つことが出来ます。
この状態を毎日習慣づけていくっことで、やがて姿勢が整い、立ち姿が綺麗に見えるようになるというわけです。

 

立ち姿が綺麗に見える

 

バストアップ

 

 バストアップすることで、メリハリのあるボディになりますので、姿勢が良く見えますし、スタイルも抜群によく見えます。
また、バストアップに取り組んでいくことで、自然に姿勢も矯正されていきます。
これは、補正下着や筋トレでバストアップを図る方法限定とはなりますが、まず補正下着の場合、体の脂肪の位置を矯正して、形状を記憶させる為、姿勢がどうしても良くなってきます。
ワイヤーなどが入っているものもあるので、だらけた姿勢ができず、嫌でも体に力が入るのです。
また、補正下着というのは、着用時は必ず上半身を前に倒してから行います。バストを含め、背中や脇などのぜい肉を上半身を倒した方向に向かって垂らす状態で、ブラジャー、あるいはボディスーツのホックを留めます。
ホックを止めたら、そのままの姿勢で、背中や脇、二の腕の垂れさがっている脂肪をブラジャーのカップに引き込むように収めていきます。
そして、脂肪が元の位置に戻らないように、カップ周辺にはワイヤーや繊維を二重にも三重にも施しており、脂肪の流れをせき止めるようになっています。
また、背中やウエストは、ワイヤーや補正下着で締め付けられている状態なので、かなり窮屈になります。
背中のぜい肉がバストに押し出される形となり、背中の筋肉や背骨が前に引っ張られ、綺麗な姿勢を保つことが出来ます。
この状態を毎日習慣づけていくっことで、やがて姿勢が整い、立ち姿が綺麗に見えるようになるというわけです。

 

立ち姿が綺麗に見える

 

バストアップ

 

 バストアップすることで、メリハリのあるボディになりますので、姿勢が良く見えますし、スタイルも抜群によく見えます。
また、バストアップに取り組んでいくことで、自然に姿勢も矯正されていきます。
これは、補正下着や筋トレでバストアップを図る方法限定とはなりますが、まず補正下着の場合、体の脂肪の位置を矯正して、形状を記憶させる為、姿勢がどうしても良くなってきます。
ワイヤーなどが入っているものもあるので、だらけた姿勢ができず、嫌でも体に力が入るのです。
また、補正下着というのは、着用時は必ず上半身を前に倒してから行います。
バストを含め、背中や脇などのぜい肉を上半身を倒した方向に向かって垂らす状態で、ブラジャー、あるいはボディスーツのホックを留めます。
ホックを止めたら、そのままの姿勢で、背中や脇、二の腕の垂れさがっている脂肪をブラジャーのカップに引き込むように収めていきます。
そして、脂肪が元の位置に戻らないように、カップ周辺にはワイヤーや繊維を二重にも三重にも施しており、脂肪の流れをせき止めるようになっています。
また、背中やウエストは、ワイヤーや補正下着で締め付けられている状態なので、かなり窮屈になります。
背中のぜい肉がバストに押し出される形となり、背中の筋肉や背骨が前に引っ張られ、綺麗な姿勢を保つことが出来ます。
この状態を毎日習慣づけていくっことで、やがて姿勢が整い、立ち姿が綺麗に見えるようになるというわけです。

 

レジャーを思い切り楽しむ事ができる

 

バストアップ

 

 自分のバストサイズを気にしなければ、まずバストアップをしようとは思わないものです。
必ずバストアップするには何らかのきっかけがあるものです。
そのきっかけとなるのが、学生時代の体育の授業、そして海や川へレジャーに出かけた時、水着を披露する場面が多いかと思います。
さらに友人たちと温泉旅行に行ったり、学生であれば、修学旅行へ行く際に周りの人と比べて自分の胸が小さいとコンプレックスを抱いてしまうというケースもかなり多いです。
これらをきっかけに、バストアップに取り組んでいくこととなりますが、幸いバストアップ効果が出たとなると、レジャーも今までの数倍楽しめるようになるといえます。
特に過去にレジャーでバストに関することで、嫌な思い出がある人は、その嬉しさというのは計り知れません。
水着姿となると、体型をごまかすことが一切できません。
胸の部分をレースや柄などでアクセントをつけ、バストサイズをごまかせるようなデザインもありますが、ふくらみを見ると一目でバストが大きいか小さいか分かります。
また、こういったデザインは年齢を重ねていくと似合わなくなってくるので、バストアップをして、バストサイズを大きくした方が無難かと思います。
バストアップすることで、どんな水着でも上手く着こなせるようになります。
もちろん、ウエストのぜい肉も目立ちますので、ウエストを細くする取り組みも合わせて行っていく必要があります。
エステサロンのマッサージなどは、ウエストのサイズダウンのみならず、美肌にもなるのでお勧めです。